2021/3/14 残雪期の石鎚山をピストン山行

山行報告

残雪期 石鎚山ピストン

日時:2021.3.14(日)

参加者:CL Y田、SL HA、会計:Y内、S原、記録:T田

みなさんお馴染みの石鎚山へ行きました。冬期ということもあり、瓶ケ森林道は閉鎖されています。今回は、西の川からロープウェイを利用して成就社コースです。

気温は17度予想。とはいえ、頂上到着予定の昼の温度は4~5度と予測。二の鎖元小屋以上は雪もしくは氷を覚悟。前々日から前日にかけての天候不良で雪が付いていることも想定範囲内。アイゼン持参で登頂開始。幸いほぼ無風。

6:00  イオンタウン多度津集合・出発

8:40  始発ロープウェイ搭乗

9:00  山頂成就駅出発

10:48  夜明かし峠

11:25  二の鎖元小屋

11:50  登頂

14:20  ロープウェイにて下山

17:00  イオンタウン多度津帰着

神門をくぐり八丁の鞍部に下るまでに、ブナの大木が根こそぎ倒れていました。暴風のなせる業でしょうか…? 連続する木段を1段1段丹念にこなし、前社森では試しの鎖を左に巻きます。この辺りから山道に積雪が散見されます。

夜明かし峠から、白く雪を抱いた石鎚山の全容を眺めます。ここを越えると雪が凍結しています。樹氷も見られます。フラットステップで通過しますが、氷の斜面が続くためアイゼンを装着することに。安心して歩けます。

二の鎖元小屋の上の階段が、氷化した雪で覆われた急斜面と化しています。トラバースを繰り返し、慎重に三の鎖下へ。この間の桟道と階段には穴が開いており、アイゼンの爪がひっかかります。谷側に落ちないように両手で手すりをもって進みます。

ひと頑張りをして弥山頂上に到着。頂上広場には雪はなく、天狗岳への岩稜にも雪はついていないようです。しかし、今日は天狗岳をパスして昼食です。頂上山荘は閉鎖されていますが、気温5度、やや風はあるものの震えることもなくお昼はいただけました。

 

所感

これで今季の雪山山行は最後です。新雪から氷化した雪まで、いろんな雪を楽しみました。とともに、雪に合わせた歩き方を実体験することができました。今年の雪山定例山行は、初参加していただいた会員も多かったです。これから無雪期の山でトレーニングを重ね、来季の雪山に備えたいものです。

 

文責 T田